FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】ブロックチェーンベースの分散価値オペレーティングシステム「Brahma OS(ブラフマOS)」についてまとめてみた

Brahma OS(ブラフマOS) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、ブロックチェーンベースの分散価値オペレーティングシステム「Brahma OS(ブラフマOS)」についてまとめてみました。

Brahma OS(ブラフマOS)とは

Brahma OS(ブラフマOS)とは、既存のサービスの解体を可能にして、広範囲な分散サービスとコンポーネントを使用し

ユーザーが安全で簡単にブロックチェーンとアプリケーション上のサービスをアクセスできるようにすることにより

分散ネットワークをホストするオペレーティングシステムです。

Brahma OS(ブラフマOS)はモバイルアンドロイドシステムをエントリーポイントとしてイーサリアムベースにした

ブロックチェーンアプリケーションとエコシステムの基盤となるアーキテクチャを構築します。

Brahma OS(ブラフマOS)は、エンドユーザーとブロックチェーンネットワークを接続するコアとしての役割を果たして

分散認証、ネットワーク伝送、ストレージ、アプリストア、資産管理、トランザクションなどのユーザーサービスを提供します。

Brahma OS(ブラフマOS)は拡張性も高く、SDKインターフェースを使用することで、

開発者は分散したサービスコンポーネントを展開できます。

Brahma OS(ブラフマOS)を簡単に説明すると、現在多くのブロックチェーンのアプリケーションが出ていますが、

ブロックチェーンの世界では分散型サービスを提供する複数の機能を備えたインフラストラクチャーが存在しません。

このインフラストラクチャーの代わりとなるためにBrahma OS(ブラフマOS)が存在しております。

インフラストラクチャーとは、ハードウェア、仮想化、管理など、エンド ユーザーに

ITサービスを提供するために使用されるテクノロジースタック全体を指します。

つまり、dappsの基盤になる可能性を秘めているのが、Brahma OS(ブラフマOS)と言う仮想通貨です。

Brahma OS(ブラフマOS)の将来的なビジョン

Brahma OS(ブラフマOS)はユーザーにブロックチェーンアプリケーションのコンポーネントを提供するためのAndroidシステムに

基づいています。

Brahma OS(ブラフマOS)はブロックチェーン技術を使用してオペレーティングシステムプラットフォームから信頼性を高めようとしています。

Brahma OS(ブラフマOS)の将来の設計では、ハードウェアと統合し、ブロックチェーンの新しいスマートフォンの

オペレーティングシステムを生み出そうとしています。

Brahma OS(ブラフマOS)のネットワーク通信チップとコンタクトチップは多くのスマホハードウェアメーカをサポートすることができる

全く新しい通信プロトコロルを実現しようとしています。

噛み砕くと、ブロックチェーンアプリケーションの信頼性を高めるためにはオペレーティングシステム(OS)の役割が大切になるので、

ブロックチェーンアプリケーションに対応したOSを作り、既存のスマホでも対応できるようにしようとしています。

ブロックチェーンアプリケーションはどんどん今後広がっていく可能性があるので、そうした基盤となるOSを作り出そうとしているので

かなり需要や将来性はありますね!!

Brahma OS(ブラフマOS)の特徴

・ブロックチェーンアプリケーションのインフラストラクチャー的な存在を目指す仮想通貨

・分散認証、ネットワーク伝送、ストレージ、アプリストア、資産管理、トランザクションなどのユーザサービスを提供する

・SDKインターフェイスを使用することで、開発者は分散したサービスコンポーネントをすばやく展開できる

・提携企業にHSBCやJPモルガン、lenovo、Huaweiなど大手の企業が揃っている

Brahma OS(ブラフマOS)の機能

Brahma OS(ブラフマOS) 仮想通貨

・データのプライバシー

OSを使用する場合、データがユーザによって意図的に生成されるか、または不注意な操作によって生成されるかは価値があります。

そのようなデータは、人工知能分析の基礎を形成し、事実データと呼ばれる。

同じ事実データを使用すると、データマイニングアルゴリズムが継続的に最適化された後に、

異なるユーザーポートレイトを生成することができます。

さらに、オンラインショッピングの勧告、友人の勧告、音声認識など、

今日私たちが知っているすべての個人的なサービスは、ユーザーの事実データによって生成されたユーザーポートレートに依存しています。

何十億というユーザーによるこれらの事実のデータは、FacebookやGoogleのような商業帝国の設立を可能にします。

しかし、集中サービスの商業閉鎖ループでは、ユーザーは自分の行動や事実上のデータを提供する以外は、財政的に報酬を得られません。

さらに、これらのデータは他人に販売することができます。

ある意味では、システムおよびアプリケーションベンダーのビジネスモデルは、

主に財務的な報酬なしにユーザーのプライバシーデータの使用に基づいています。

Brahma OS(ブラフマOS)では、OSのプライバシー問題が根本的に解決されます。

ユーザーのプライバシーデータを盗んだり悪用したりする行為は難しくなります。

・分散ストレージ

今日、OSの大半はユーザーにクラウドストレージ機能を提供しています。

異なるデバイスのユーザーは、同じデータにアクセスするには同じアカウントにログインする必要があります。

クラウドストレージはユーザーに個人的な利便性をもたらす 同時に、個人のデータセキュリティに潜在的な問題を引き起こす可能性もあります。

Dropboxの抜け穴は個人データの損失につながります。いくつかの有名人のヌード写真は、

多くのハッカーがiCloudアカウントを攻撃したときに漏洩しました。

これらのイベントのようなインシデントは明らかな問題を反映しています。

現在の集中型クラウドストレージアーキテクチャでは、セキュリティ問題が明らかになるまでには時間がかかります。

つまり、避けることはできない体系的なリスクがあります。

分散チェーンストレージは、設計の最初からこの種の問題を回避します。

一例としてIPFSを使用すると、分散ストレージには攻撃可能な単一のサーバや、追跡可能なサーバのグループはありません。

すべてのデータは複数の部分に分割され、ネットワークの異なるノードにランダムに格納されます。

ネットワーク全体は、ストレージネットワーク内の鉱夫によるストレージおよび伝送に安全で効率的です。

ストレージサービスを構築する場合、Brahma OSは直接分散型のWebサービスを使用します。

今のところ、私たちはIPFSの使用を保証しません。Sia、Storj、MaidSafeなどの他の潜在的な分散ストレージを比較します。

・アクセス可能なネットワーク通信

ブロックチェーンであろうと現在のインターネット経済であろうと、ネットワーク通信接続は最初に解決する必要がある問題です。

ウェブ上のデータに問題なくアクセスする方法は、多くの場合、重要な問題となっています。

私たちがネットワーク通信について話すとき、ほとんどの場合、端末がワイドエリアネットワークに接続する方法について話しています。

現在のアーキテクチャでは、端末装置はメタネットワーク(すなわち、それが直接接続できるローカルエリアネットワーク)に接続する。

次に、メタネットワークは、ルータとスイッチを介して異なるメタネットワークまたは上位ネットワークに接続します。

異なるメタネットワーク間の接続のほとんどは演算子です。次に、メタネットワークとルータについて説明します。

メタネットワークのエンドノードはピアツーピアネットワークを形成することができます。

つまり、任意のメタネットワーク内のノードはオフラインであり、メタネットワーク内の到達不能な通信を引き起こすべきではありません。

接続の問題を解決するのが難しくないので、これは私たちの心配の核心ではありません。重大な問題はルータに送られます。

現在のネットワーク通信では、信頼する必要があり、ルータを信頼できるだけです。

実際には、メタネットワーク間の通信、データ、プロトコル、動向を完全に傍受して傍受するだけでなく、

改ざんやサービス拒否などの脅威にも対処できます。

現在利用可能なネットワーク通信では、オペレーティングシステムのエンドユーザは、

プライバシー暴露、保護されていないアクセシビリティの2つの大きな問題に直面している。

したがって、Brahma OS(ブラフマOS)では、

データ転送レベルでのプロトコル混乱による通信データの暗号化と通信データの識別不可能性を保証し、

自律的に接続するためのピアツーピアOSネットワークを構築することが期待されています。

ルーティングの設定に基づいてネットワークを構成します。

・自律経済システム

去年から、Ethereumには大きな技術革新がありました。これらのブレークスルーにより、ブロックチェーンとユーザーが互いに近づきます。

初期段階では、Brahma OSは、IPFS、Kyber Network、0xなどの技術ソリューションを統合して、

自律的なネットワーク通信サービスを提供し、上位アプリケーションサービスの基盤を提供しました。

クロスリンク技術とBrahma OSバックボーンを使用して、ETH、EOS、ADAなどの他のバックボーンを接続する

Brahma OSチェーンに基づいた完全なエコシステムを構築します。

・暗号資産の管理

ウォレットアプリケーション層は、資産管理の機能を完了する必要があります。この要件はOSの観点から検討します。

予見可能な将来において、暗号化資産は中央集中型エクスチェンジにあまり依存しないであろう。

集中型エクスチェンジの役割は、現在の投機的取引から、ブロックチェーン資産と法的資産の接続に変わります。

暗号化資産の交換は、分散サービスを使用して直接完了することができます。

現在、Ethereumのバックボーンに基づいて、

0xプロトコルを使用してトランザクションリレーを構築することでサービスを提供することができました。

このプロトコルは、構築された他のすべてのレプリケーターに接続できます。

つまり、単一のアプリケーション内で流動性を提供するだけでなく、

このプロトコルを使用しているすべてのリプライヤー間で資産の流動性を提供します。

もう一つの可能​​な解決策は、Kyber Networkによるものです。

Oxとは異なり、Kyber Network自体は分散型交換として機能することができます。

交換または変換要求は、リレイヤーなしでただ1つのトランザクション内で直ちに実行できます。

利用可能な交換サービスのオプションと比較して、OSレベルから交換サービスを構築する必要があります。

Brahma OSは多くのDAppsのキャリアになる可能性があります。

DAppsのすべての消費はチェーン上にあるべきです(オフラインでの急速な取引は最終的にチェーン上にあります)。

取引の過程で、支払い要求はDAppsによって開始され、エンドユーザに直接行くことができる。

Brahma OS(ブラフマOS)の提携企業とアドバイザー

Brahma OS(ブラフマOS) 仮想通貨

Brahma OS(ブラフマOS)の提携企業とアドバイザーはかなり有名な企業ばかりが並んでいます。

有名どころでいうと、HSBCやJPモルガン、lenovo、Huaweiなど大手の企業が揃っています。

Brahma OS(ブラフマOS)はJPモルガンがパートナーになっていることで話題になっていますね。

Brahma OS(ブラフマOS)の公式サイト

Brahma OS(ブラフマOS)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.brahmaos.io/

Brahma OS(ブラフマOS)のホワイトペーパー

Brahma OS(ブラフマOS)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://www.brahmaos.io/Brahma_Whitepaper_v1.0.0.pdf

まとめ

Brahma OS(ブラフマOS)は買うしかないという感じですね。

現在でもブロックチェーンアプリケーションがどんどん出始めて、その基盤となるOSを作っているということは、

ブロックチェーンアプリケーションのインフラになる可能性があります。

今でいう、WindowsOSやMacOSやLinuxOSなど先駆けてBrahma OS(ブラフマOS)は未来のOSになるかもしれませんね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE