FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】bitflyer(ビットフライヤー)の Lightning現物取引とFX取引のSFD導入は2月上旬に導入!?情報についてまとめてみた

bitflyer(ビットフライヤー) SFD導入 2月上旬 仮想通貨

今回は、bitflyer(ビットフライヤー)の Lightning現物取引とFX取引のSFD導入は2月上旬に導入!?情報についてまとめてみました。

Swap For Difference(SFD)とは

SFDとは「Swap For Difference」の略で、価格の違いを是正する為の制度となります。

最近bitflyer(ビットフライヤー)ではFX取引と現物取引とのビットコイン価格が大きく異なってしまう問題があります。

Swap For Difference(SFD)を使うことで、この問題を解決することが可能です。

 

なぜFX取引と現物取引の価格が大きく異なるのかというと、

ビットコインの売買が行われる場所が異なる事などが理由として挙げられます。

現物取引とFX取引の取引価格が連動しない為、価格が異なる事になります。

例えばFX取引だけ多くの買い注文が入ればFX取引でのビットコインの需要が上昇し価格上昇につながります。

現物取引で需要の増加が無ければ価格は現物取引ではそのままになります。

FX取引ではレバレッジ取引が可能な為「今後も価格が上昇するかも」と多くの人が考えた場合、

少ない元手で多くの利益を得ようとFX取引だけ買いが増大してしまいます。

価格が大きく異なる事でビットコインの価格を正確に表示できなくなりトレードを行う上で問題が生じる為にbitFlyerは対策としてSFD制度導入を決定しました。

Swap For Difference(SFD)の具体例

Swap For Difference(SFD)は現物価格とFX取引の価格の乖離(価格の差)が10%以上になった場合、SFDが適用される事になります。

価格乖離10%とは例えば

現物取引:1BTC=100万円

FX取引:1BTC=110万円

という場合乖離率は10%となります。

10%以上になった場合その価格乖離を広げるような注文が成立した場合に

広げる方向へ注文を出した者から一定のSFDを徴収し乖離を狭める方向へ注文を出した者へSFDを付与するという流れになります。

ですが、Swap For Difference(SFD)にはデメリットもあり、現物価格へも影響を与える可能性があるのではとの見方もあります。

bitflyer(ビットフライヤー)の Lightning現物取引とFX取引のSFD導入は2月上旬に導入!?

bitflyer(ビットフライヤー)の Lightning現物取引とFX取引のSFD導入は2月上旬に導入される模様です。

まとめ

Swap For Difference(SFD)が導入されるともう少しFXでの行き過ぎた取引や動きも少なくなりそうですね!!

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE