FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Bitcoin(ビットコイン)のSegWit2xのハードフォークが緊急で強行を試みるも失敗に!?情報についてまとめてみた

Bitcoin(ビットコイン) segwit2x 強行 仮想通貨

今回は、Bitcoin(ビットコイン)のSegWit2xのハードフォークが緊急で強行を試みるも失敗に!?情報についてまとめてみました。

Bitcoin(ビットコイン)のSegWit2xのハードフォークが緊急で強行される!?

先日ハードフォークを中止したBitcoin(ビットコイン)のSegwit2xですが、

なんと一部のマイナーによりハードフォークが強行されるかもしれないと情報が入りました。

これを受けて、Coincheckなどの仮想通貨取引所では、緊急でBTC出金の停止対応を行いました。

こうやって、小さなグループが何かするたびに、送金が止まるのがビットコ・クオリティですねwww

しかしSegWit2xのハードフォークの強行は失敗した模様

いったいどうなるんだとそわそわした人もいたと思いますが、SegWit2xのハードフォークの強行は失敗した模様です。

記事の内容を簡潔にまとめると、

「Segwit2xの分裂は起こらないが、将来の分岐はありうる。ただしマイニング難易度はビットコイン並で収益性は遥かに劣るので、マイナーの関心は薄いだろう」

とのことです。

Segwit2xは「off-by-oneエラー」と呼ばれる理由により、SegWit2xブロックは、1ブロック未満のブロックをすぐに拒否し始めました。

ブロック494,783では、494,784ではなくブロックが拒否されました。

下記は内容を翻訳したものです。

残りの疑問が残っていた場合、SegWit2xハードフォークが起こらないことは明らかです。

SegWit2xプロジェクトは、5月のニューヨークの企業と鉱山者の長いリストに署名したニューヨーク合意の製品で、

今日Bitcoinのブロック重量制限を2倍にするハードフォークを予定していました。

ながら論争の努力をして中断先週プロジェクトのリーダーが、これはそれを進めるから、誰を停止していません。

Coinbaseのような企業は実際にSegWit2xハードフォークがまだ起こることを考慮していました。

そうでなかったフォーク

SegWit2xノード(特にbtc1)は、今日の午後(UTC)Bitcoinブロックチェーンから分岐して、

SegWit2xブロックチェーンと新しい通貨(しばしばB2Xと呼ばれる)を作成するようにプログラムされました。

しかし、1つの SegWit2xブロックがforkしてから採掘されたわけではなく、これが起こる可能性もありません。すべての目的と目的のために、SegWit2xもB2Xもありません。

さらに、btc1コードベースのソフトウェアバグにより、btc1のすべての実装が予想されるフォークポイントに達する前に停止するようになりました。

BitcoinとSegWit2xノードはブロック494783まで単一のブロックチェーンを共有し、

その後ブロック494784で独自の方法をとることが広く期待されていましたが、btc1ノードはブロック494782を通過しませんでした。

これは主に、SegWit2xチェーンの最初のブロックが1メガバイトを超える「ベースブロック」を必要とするためです。

これは、チェーンが元のBitcoinプロトコルからどのように分岐するかです。しかし、「off-by-oneエラー」と呼ばれる理由により、

SegWit2xブロックは、1ブロック未満のブロックをすぐに拒否し始めました。ブロック494,783では、494,784ではなくブロックが拒否されました。

さらに、別のbtc1のバグは、鉱夫が必要とされたときに大きなブロックを採掘するのを妨げていました。

だから、たとえ一部の鉱夫がフォークを進めたいと思っていたとしても、少なくとも自動的には行わなかったでしょう。

鉱夫はブロック重量設定を手動で設定する必要がありましたが、このステップについてはほとんど知りませんでした。

Btc1のメンテナのJeff Garzik(問題があることを否定しながら)は、この問題を解決するためのパッチをリリースしました。

しかし、SegWit2xブロックが存在しないと判断してパッチを適用したのは違いがありません。

おそらく、最初にSegWit2xチェーンのマイニングに関心を持つ鉱夫はほとんどありませんでした。

NO2X?

SegWit2xが何らかの理由で離脱しているように見えるにもかかわらず、SegWit2xのようなフォークを正式に

「死んだ」または「失敗した」と宣言する方法は技術的にないことに注意してください。

おそらく、SegWit2xハードフォークは将来いつか進歩する可能性があります

。実際には、SegWit2xチェーンが現在、少しハッシュ能力で採掘されているかどうかを知る方法はなく、後で採掘するかどうかは予測できません。

おそらくSegWit2xブロックは今から1年後、今から10年後に発見され、SegWit2xとB2Xが技術的に登場するでしょう。

しかし、SegWit2xチェーンにはマイニング難易度のリセットが含まれていなかったため、

B2Xブロックを掘削するのは現在のBTCブロックの鉱山と同じくらい難しいでしょう。

一方、B2Xの市場サポートは非​​常に低く、B2X先物取引はBTCの2%以下です。

したがって、鉱夫がB2Xブロックを採掘することを決定したとしても、BTCを採掘するよりもはるかに少ない収益しか得られません。

または、より正確に言えば、彼らはB2Xを採掘することによって得ることができる電気代より多くを消費するだろう。

SegWit2xチェーンを鉱山するための金銭的インセンティブは、そこにはありません。

あるいは、SegWit2xはBitcoinX(BTX)の形で少し再生を見ることができました。

このプロジェクトは、失望したSegWit2xのサポーターによって開始され、ブロック高さ494,783でビットコイン残高のスナップショットを撮り、

すべてのBTC保有者にBTXの同等の金額を提供するSegWit2xのようなaltcoinを開始します。

このコインは、鉱業の難易度のリセットなどにより、B2Xよりも実行可能性が高いとはいえ、B2Xよりはるかに新しいコインになるでしょう。

https://bitcoinmagazine.com/articles/now-segwit2x-hard-fork-has-really-failed-activate/

侮ってはいけない新しい仮想通貨「Bitcoin X(ビットコインエックス)」が誕生する!?

もうここまでくると茶番劇すぎて笑えてくるのですが、

「Bitcoin X(ビットコインエックス)」とはプロジェクト名で、失敗に終わったSegwit2xコインを新たなチームがやってやろうというものです。

以前記事でも紹介した、Bitcoin Cash Plus(ビットコインキャッシュプラス)はあえなく潰されているので、このBitcoin X(ビットコインエックス)も潰されると思います。

Bitcoin X(ビットコインエックス)の特徴

一応、Bitcoin X(ビットコインエックス)の特徴もまとめておきます。

・マイニング方式をGPUへ

・マイニング難易度調整機能を導入

・ブロックサイズは2MB、Segwit導入

・双方向リプレイプロテクション

まとめ

・2017/11/17にBitcoin(ビットコイン)のSegWit2xのハードフォークが緊急で強行されるというアナウンスがあった

・2017/11/18にSegWit2xのハードフォークの強行は失敗する

・強行は失敗したもののSegwit2xコインを新たなチームが「Bitcoin X(ビットコインエックス)」を誕生される可能性あり

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE