FX-EA System Project
FX-EA System Project

【必見】仮想通貨のBitcoin(ビットコイン)で有効化された「Segwit(セグウィット)」についてわかりやすく説明してみた

segwit ビットコイン 仮想通貨

今回は、仮想通貨のBitcoin(ビットコイン)に導入された

segwit(セグウィット)についてわかりやすく説明してみました。

Bitcoin(ビットコイン)の抱える問題とは?

Bitcoin(ビットコイン)の抱えている2つの大きな問題が存在しています。

・トランザクション展性

・スケーラビリティ

の問題があります。

segwitはもともとトランザクション展性の解決策として提案されましたが、

2つの問題を改善できると言われています。

トランザクション展性の問題とは?

トランザクション展性とは、Bitcoin(ビットコイン)を地震のウォレットで管理して、そのウォレットが残高を

計算する際に、TxIdだけを参照しているのでなければ、問題にはなりませんが。

取引所やウェブウォレットなどによるBitcoin(ビットコイン)の管理の際に問題が起こります。

例えば、取引所が顧客の引き出し履歴をTxIdで管理していた場合、

一度作成したTxIdを改ざんすることで、トランザクションが、Bitcoin(ビットコイン)ネットワークに

承認されてないかのように取引所側に見せることができてしまいます。

つまり、システムが誤検出することで、何度でもBitcoin(ビットコイン)再送を外部から

行えてしまうという問題があります。

スケーラビリティ問題とは?

Bitcoin(ビットコイン)のスケーラビリティの問題とは、

簡単に説明すると、Bitcoin(ビットコイン)のトランザクション(取引)が増加して

Bitcoin(ビットコイン)ネットワークの処理が追いつかなくなるという問題です。

歴史的な経緯もあり、ブロックチェーンのサイズが1MBと上限が定められているので

ブロックは、10分ごとに1つしか作成されません。

そのために、単位時間当たりに承認できるトランザクションの数に限りがあります。

すると、マイナーは高い手数料を払うユーザーのトランザクションを優先して

ブロックに取り組むので、手数料が高騰します。

Bitcoin(ビットコイン)のトランザクションの量は年々増加しているので、将来的に

さらに増加が予想できます。

このままだと、Bitcoin(ビットコイン)というネットワーク自体が成り立たなくなります。

segwitの説明

TxIdは、トランザクション全体のハッシュ値です。

SegWitとは、トランザクションインプットから改竄可能な匿名部分を取り除いた部分の

ハッシュ値を取りTxIdを導いて、トランザクション展性を防ぐという解決案です。

さらに、これはスケーラビリティの問題を改善することができると言われています。

ソフトフォークとは

Pieter WuilleがScaling BitcoinでSegWitを発表した時に、ソフトフォークとして提案されました。

ソフトフォークとは、ハードフォークとは異なり、後方互換性のあるプロトコル変更になります。

後方互換性があるということは、従来のプロトコルで動いているノードでも正常に動作するということです。

スケーラビリティを解決するための方法として、簡単に思いつくのは、ブロックサイズの拡張です。

現在のブロックサイズは、1MBの上限がありますが、2MBに拡張することで、

1ブロックごとに取り組むことができるトランザクション数も2倍になるので、

スケーラビリティの問題も解決できるように思えます。

しかし、これはハードフォークになる危険性があるので後方互換性が失われて、

マイニングの中央集権化が進む可能性など指摘されています。

segwitのメリット

segwitのメリットは2つあります。

・Sighash オペレーションの線型スケール

従来のブロックは、トランザクションサイズが2倍になると、sighashと呼ばれる検証作業が2倍になるので、

検証するデータも2倍になるため、検証時間が4倍になります。

つまり、二次関数的に検証時間が増加してしまいます。

しかし、segwitデテャ、これが線形的にスケールするので、DDoS攻撃などの危険を減らすことが可能です。

・トランザクション展性の解決とLightning Network

segwitがアクティベートされ、トランザクション展性の問題が解決するので、

Lightning Networkの実装が複雑ではなくなります。

segwitによってスケーラビリティが改善に近づくという場合は、

こうした技術を見据えた上で説明している場合があります。

segwitのデメリット

segwitのデメリットはもちろん存在します。

その証拠に、提案されてから、長い時間マイナーの95%以上の賛成派得られませんでした。

まず、1ブロックに含めることができるトランザクション数が多くなり、

ブロックサイズが大きくなるので、マイニングに必要なコンピュータのスペックは高くなるので、

マイニングの中央集権化が起こる可能性があります。

また、ネットワークの混雑が解消されることにより手数料が減ることで、

マイニングの報酬も減少してしまいますし、ソフトフォークすることで

ネットワークに不具合が発生する危険性があると考えられます。

まとめ

まだまだ、仮想通貨自体が発展途上なので、今後も大きく変化することは間違いないです。

しっかりと情報や技術を理解して仮想通貨の行く末をしっかりと見届けましょう。

 

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE