【必見】持っておいて損はない仮想通貨のオススメのデビッドカード3つについてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 デビッドカード

今回は、持っておいて損はない仮想通貨のオススメのデビッドカード3つについてまとめてみました。

仮想通貨のデビッドカードとは

仮想通貨のデビッドカードは、一般的な銀行で使われるデビッドカードと変わりませんが、

ビットコインなどの仮想通貨を円などの法定通貨に交換してから支払いが行えるので

ビットコインを受け付けていない店舗でも使用することが可能となります。

仮想通貨のデビッドカードの種類

仮想通貨のデビッドカードは大きく分けて二つのタイプに分かれます。

・プリペイドタイプ

事前に仮想通貨を円に交換してカードにチャージするタイプで、

チャージするときにレートで円に換算される。

WirexやXapoなどの海外の仮想通貨のデビッドカードや

国内であれば、バンドルカードやマネーパカードなど種類は豊富です。

・仮想通貨のウォレットにカードが紐付いているタイプ

もう一つは、仮想通貨のウォレットにカードが紐付いていて、購入時にウォレットから引き落としされるものです。

プリペイドタイプと大きく異なる点は、商品購入時まで仮想通貨のままで保持されて、円への交換は

購入時点のレードでさせる点です。

日本の銀行が発行するデビッドカードで海外旅行にいき、買い物をすると、購入時に

外貨レートで日本円が銀行口座から引き落としされる原理と同じです。

プリペイド型よりも一般的なデビッドカードと同じ仕組みになっています。

代表的なものでいうとTenxはこのタイプになり、

国内で利用できる唯一のカードになるのでカオス通貨を使う瞬間まで持っておきたいという人は

こっちのタイプをオススメします。

仮想通貨のオススメのデビッドカード1:wirex

仮想通貨 デビッドカード

Wirexカードはイギリスの会社であり、

「ドル」「ユーロ」「ポンド」建てで利用が可能になっています。

そして、仮想通貨デビッドカードの中では唯一のMasterCard加盟店でも使用することが可能です。

WirexカードはVISAとMasterCardの両方で決済することができます。

 

そして、Wirexカードは、Wirexのウォレットにビットコインを送金するだけで利用することが出来ます。

また世界中に多くの利用者がいるだけあって対応言語も多く、

日本語にも対応しているのですぐに作成、使用することができるので比較的に

万人受けしやすいデビッドカードとなります。

このWirexカードは、海外での利用なら手数料が無料な点と、限度額が高いというメリットがあります。

Wirexカードでは、海外の買い物に手数料がかかりません。

つまり、海外旅行で日本円から両替するりも、お得になります。

また、Wirexカードは、限度額が無制限です。

一回の利用限度額も残高限度額も特に制限がないので、大きな額のビットコインなどを利用する場合や、

チャージする場合も気にせずに利用することが可能です。

ちなみに、Wirexカードはビットコイン以外にも約37種類の仮想通貨に対応しているので、

ビットコイン以外を利用したい人や管理したい人にぴったりです。

公式サイト

 

仮想通貨のオススメのデビッドカード2:TenX

仮想通貨 デビッドカード

先ほども説明したウォレットとデビッドカードが紐付いているタイプの仮想通貨のデビッドカードになります。

現在はビットコインのみしか使用できませんが、

今後、イーサリアム系(ETH及びERC20トークン)を加え、Dashなど11通貨に対応する予定です。

また、手数料は、プリペイドタイプよりもお得です。

まず、通常の1〜3%までのチャージ費用がかかりません。

基本的にかかるのは、初回のカード発行手数料のみです。

換金時には、取引所を比較して、一番有利なレートを採用してカード手数料も撮りません。

限度額は、はじめは、約22万円程度ですが、本人認証を行えば、増額させることもできます。

そしてすごいのが、カード利用額に応じて宝珠があり、TenXトークンホルダーだと

全世界の全利用額に応じて報酬がもらえます。

カード利用額の0.1%をPayトークンで、

トークンホルダーであれば0.5%をETHで配布されます。

かなりお得な仮想通貨のデビッドカードです。

PAYトークンは発行枚数が決まっています。

全体で205,218,256PAY(2億5百万枚)です。

仮に1兆円が利用された場合

1兆円 × 0.5% = 50億円

トークンを10000PAY持っている方であれば

50億円 × (10000PAY ÷ PAYトークン総量)= 年間で243,643円

結構大きな額ですよね。

公式サイト

 

仮想通貨のオススメのデビッドカード3:SHIFT

仮想通貨 デビッドカード

SHIFTカードとは、アメリカの大手ウォレットサービス会社

「Coinbase(コインベース)」が運営しているデビットカードで、

Coinbaseや「Dwolla(ドワラ)」といったウォレットと連動させることによって利用することができます。

SHIFTカードは全国のVISA加盟店で利用することができ、実際にカフェやレストランで利用することができます。

SHIFTカードは手数料が他のデビッドカードよりも安いです。

SHIFTカードの発行は10ドルと格安で、年間維持費もかからないので、

余計なコストを抑えて利用することが可能です。

現状日本人には利用できません。

理由は、SHIFTカードと連動させるcoinbaseの登録にはアメリカの口座が必要となっており、

日本人ではその口座が作れません。

つまり現状SHIFTカードはアメリカ国民しか利用できず、

しかも50州のうち利用できるのは45州のみとなっています。

しかしこの点はビットコインの普及とともに改善される方向で進んでおり、

近いうちに日本でも利用できるようになるそうです。

公式サイト

まとめ

今後も多くの決済サービスのICOや企業は出てくると思います。

むしろこの分野が一番利益が取れる可能性が高いので、覇権争いに必死な業界です。

より今後日本人に向いている仮想通貨のデビッドカードが出ましたら、記事を書いていきます。

 

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ない

Twitter集客←ほとんどの人が集めれていない

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない

グループ勧誘系←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3400名以上の登録者が居ます!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

*

【1000人限定】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE