FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料についてまとめてみた

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ ) 高騰 好材料 仮想通貨

今回は、BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料についてまとめてみました。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)とは

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)については下記の記事を参照してください。

【大注目】Bitcoin(ビットコイン)と双子の仮想通貨「BitCoinCash(ビットコインキャッシュ)」についてまとめてみた
どうも今回は、ビットコインが分裂して突如8月から生まれた仮想通貨BitCoinCash(ビットコインキャッシュ)について まとめていきたいと思います。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料:CoinEXがBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)軸の取引時を12月下旬開始

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ CoinEx

仮想通貨取引所であるCoinEXが英国で仮想通貨取引所として登録しました。

CoinEXは、BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)をサポートする中国大手新興マイナーであるViaBTCがサポートします。

CoinEXは、2017年12月下旬にオープンです。

CoinEXの取り扱う仮想通貨は、BTC / BCH、ETH / BCH、LTC / BCH、ZEC / BCH、DASH / BCHになります。

http://www.coinex.com/

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料:OKexがBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)軸の仮想通貨取引を開始

 

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ OKEX

中国大手仮想通貨取引所のOKcoinの弟分である

OKexがBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の仮想通貨取引を始めるようです。

今までは、BTC、ETH、USDTの軸のみでしたが、新たにBCH軸取引がスタートしています。

https://www.okex.com/

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料:Bitcoin.comがビットコインキャッシュ専用のデビットカード提供

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) デビットカード

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)専用のデビットカードがBitcoin.comから登場します。

ロジャー・バー氏は、12月12日にBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)デビットカードを発表しています。

ロジャー・バー氏は、仮想通貨ニュースメディア「コインテレグラフ」のインタビューで「ビットコインキャッシュがビットコインを超えるのは時間の問題」と言及しており、

今後BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の利便性が高まれば、価格上昇も見込めるでしょう。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の今後の高騰する好材料:Roger Ver(ロジャーバー)がCNBCでBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)推しの発言

Roger Ver(ロジャーバー)がCNBCでBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)推しの発言をしています。

Roger Ver(ロジャーバー)自体がBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)推進派なので、彼の発言でBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の高騰する可能性はありますね。

そして彼はこのようなことも発言しています。

「BTCはもう通貨として使用されなくなってきているので、これ以上暗号通貨とみなすことはできない」

仮想通貨の生みの親クレイグ・ライト氏が、2018年はBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の年になると主張

オーストラリアのビジネスマンで、Bitcoin(ビットコイン)の生みの親である「Nakamoto Satoshi」だと噂されているクレイグ・ライト氏が、

「2018年はBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)の年になる」

と発言しています。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)は、仮想通貨業界で長年仮想通貨の普及に努めてきた人々が推進しており、

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)こそNakamoto Satoshi氏が考えていた仮想通貨だと主張されている。

Bitpayが遂にBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)対応を発表!!

今年中にビットペイVISAカードがBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)に対応します。

そして、来年初めにはペイメントプロセッサーも全対応です。

今ネット上で使えるBitcoin(ビットコイン)決済のほぼ全てがBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)決済可能にになります。

https://blog.bitpay.com/multiple-blockchains/

資産的に持つならBitcoin(ビットコイン)実用性があるのはBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

やはり、資産的に持つならBitcoin(ビットコイン)であり、

実用性があるのはBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)であると思います。

ちなみに今後はBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)が決済として利用されるケースが多くなるのではないかと予想しています。

本来あるべきあった姿をBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)が代わりに補うような形になりますね。

と言っても資産的にはBitcoin(ビットコイン)が鉄板ではあります。

まとめ

Bitcoin(ビットコイン)が200万円台となっていますが、今後2018年以降はやはりBitcoinCash(ビットコインキャッシュ)に注目が浴びてくると思います。

ですが、世間の認知的に解釈が難しいので、これをなんとか払拭する必要はあるかなと思います。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)が今後高騰するのを楽しみにしています。

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE