FX-EA System Project
FX-EA System Project

【まとめ】ビットコインの各国の動きをまとめてみた

ビットコイン 仮想通貨

今回は、各国のビットコイン事情をまとめてみました。

HYIPやるにしても、仮想通貨を保持するにしても結局世界ではどういう動きをしているのかを

しっかり情報を集めて、今後どういう動きをするのかをしっかりと把握する必要があります。

インドネシアは国内で仮想通貨利用拡大

インドネシアでは仮想通貨がかなり注目されています。

ちなみに、ビットコインインドネシアという取引会社では会員数がなんと8万人から25万人に増え、

1日の取引額が約1億7000万円に達しています。

東南アジアでは、フィリピン、ベトナムの次に多いです。消費者にとって利点が多い仮想通貨が一般通貨と

同じように認められるのも時間の問題ということを言っています。

韓国では省庁ごとにビットコイン法規制が異なりパニック

最近韓国では、ビットコインを利用した送金フィンテックサービスのベンチャー企業が

外国為替取引法違反の疑いで刑事告発の危機にあります。

韓国のメディアによれば、企財部はビットコインの送金事業を行っていたセントビーが

外国為替取引法違反したものと結論付けし検察に通報する予定らしい。

その他にも13社ほど海外送金事業社が違反したと見ているらしく、去年の11月の段階で調査を要請しているようだ。

この問題の大切なことは、ビットコインの関連法令が存在しない点。

業界全体が混乱を増大させている。

つまり、合法でもなければ違法でもないグレーゾーンにいる。

韓国のフィンテック産業協会も異論を唱えて慎重に議論をして対策案を講じる予定。

中国では立ち入り検査や詐欺報道、そして人民元大暴落が現実的に

1月6日ビットコインの大暴落ごビットコイン交易プラットフォームの責任者に対して

運営状況の聞き取り調査が行われた。

そして、11日には監督管理部門が3大交易プラットフォームに立ち入り検査が行われた。

中央銀行は、「ビットコインは特定の仮想商品であり、法定通貨のような法的な保障性や強制性はない」

と再度見解をした。

そして、ビットコインの詐欺事件の報道が行われた。

ビットコインアジア閃電交易センターが閉鎖し、取引を停止。

投資者から集めた1億元相当の資金が消えた状態となった。

被害者は440人以上おり、詐欺容疑で捜査、被害者は集団訴訟を行う予定。

日本では、地域通貨の有用性がある

日本では少子高齢化が進み人口減少が問題と挙げられている。

その中で、仮想通貨のビットコインの技術を応用して地域通貨を発行しようという企画がある。

地域通貨を地方創生に活用する民間企業も現れてきている。

地域通貨の信用を維持向上させるために、地域住民の意見が反映される仕組みを構築することが大切になってくる。

ライトライズに関してはこちら

アジアビッツに関してはこちら

ビットリージョンに関してはこちら 

ethtradeに関してはこちら

仮想通貨
LINE@現在6800人突破中!!

LINE@現在6800人突破中です!!

それだけ多くの方が私を信頼して、

相談に来ているということです!!

LINE@登録者限定に前もって最新情報を提供します!!

・ネットビジネスで有益な情報が知りたい!!

・資産運用の有益な情報が知りたい!!

・仮想通貨について有益な情報が知りたい!!

・稼いでいる人の知識やマインドを得たい!!

・これから副業を始めたい!!

・これから独立や脱サラしたい!!

・お金に困っている!!

・弟子にしてほしい!!

・もっと成長したい!!

などと考えている方はぜひ登録しましょう!!

ブログよりも先に企画や

面白いビジネスなど発信するので

あなたがその情報をキッカケに変わる可能性があります!!

あなたに必要なのはたった2つです。

『少しのお金』と『一歩踏み出す勇気』だけです。

ぜひLINE@に登録しておいてください!!

masayaをフォローする
info free style

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE