FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Apple Pay支払いにRipple(リップル)のインターレジャーAPIを導入される!?ついにApple(アップル)と提携か!?情報についてまとめてみた

Apple(アップル) Ripple(リップル) XRP インターレジャー 仮想通貨

今回は、Apple Pay支払いにRipple(リップル)のインターレジャーAPIを導入される!?

ついにApple(アップル)と提携か!?情報についてまとめてみました。

Apple Pay支払いにRipple(リップル)のインターレジャーAPIを導入される!?

Apple(アップル) Ripple(リップル) XRP インターレジャー

Apple Pay支払いにRipple(リップル)のインターレジャーAPIを導入されると言う情報が入りました。

Use the bitcoinによれば、Apple(アップル)がApple payにRipple(リップル)のインタレジャー拡張機能を使用した

新しい支払いAPIを導入した。

支払いレジストリの統合は、macOSとiOS 11.3向けのアップル独自のウェブブラウザSafari 11.1で行うことができる。

マルチブラウザ対応のRipple(リップル)のインターレジャーの機能は、Apple(アップル)の標準APIを使用した支払いサービスの拡張に

役立つと予想されています!!

ソースは下記のリンクになります。

https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/apple-introduces-interledger-api-apple-pay-payments/

Ripple(リップル)のインターレジャーAPIとは!?

Apple(アップル) Ripple(リップル) XRP インターレジャー

ILP(インターレジャープロトコル)とは、銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格です。

ILP(インターレジャープロトコル)は、Ripple(リップル)社のxCurrentにも利用されています。

ILP(インターレジャープロトコル)は、2015年10月にリップル社が提唱をして、

W3C(World Wide Web Consortium)というWeb技術の標準化を進める非営利団体で標準化が進められています。

世界中のホームページはHTMLやCSSというプログラミング言語を使っていますが、こういった仕様を公開しているのがW3Cです。

つまり、世界中のWebに影響力を持つ団体がILPを標準化すると発表しています。

実際にW3CがGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応した

ブラウザAPI(ソフトウェアの一部を公開し、誰でも利用することができるようにしたもの)を開発し、

これを採用すると発表されていてそのAPIにはILPが採用されています。

つまり、前々からApple(アップル)がインタレジャー拡張機能を使う可能性はありましたが、

このタイミングで発表があったということですね。

Apple(アップル)がRipple(リップル)の技術を利用すれば今後他の企業でも使われる可能性は高い!!

Apple(アップル) Ripple(リップル) XRP インターレジャー

これまで世界中の多数の銀行がRipple(リップル)と提携しています。

今回の採用で、Apple(アップル)はRipple(リップル)技術を採用する技術系最大手企業の最初の1社となりました。

今後、Apple(アップル)がRipple(リップル)の技術を採用したことは非常に大きな信頼が生まれるので、

今後Ripple(リップル)の技術を使う企業は増える可能性が高いです!!

つまり、Ripple(リップル)の高騰につながる可能性が大いにあります。

まとめ

Apple Pay支払いにRipple(リップル)のインターレジャーAPIを導入されるのは非常に大きなニュースですね!!

Ripple(リップル)のホルダーには刺激の強いニュースだったと思います!!

Ripple(リップル)は送金決済系で群を抜いている銘柄だと思うので、今相場が安いうちに仕込んでおくのも手かなと思います!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE