【仮想通貨】米下院に新法案「600$未満のBitcoin(ビットコイン)の消費は非課税に」についての情報をまとめみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ 仮想通貨 非課税

今回は、米下院に新法案「600$未満のBitcoin(ビットコイン)の消費は非課税に」についての情報をまとめみました。

600$未満のBitcoin(ビットコイン)の消費は非課税に

アメリカ 仮想通貨 非課税

ビットコインなどの、仮想通貨での少額消費に対して、税金を免除する法案が

米国下院議会で提出されました。

米国では、内国歳入庁が2014年に仮想通貨を財産と定義して、

キャピタルゲイン税の課税対処としている。

なので、購入した場合に比べて値上がりした仮想通貨で消費した場合

利益を確定させたとした上で、税金の申告対象となっていました。

しかし、米共和党のジャレドポリスやデイビッドシュバイケルト議員によって

アメリカ 仮想通貨 非課税

アメリカ 仮想通貨 非課税

7日に公表された法案が可決されれば、

今年の12月31日から600ドル未満の仮想通貨の消費は非課税となり、記帳したり申告する必要は無くなります。

また、この法案では、取引所などが顧客のどのような取引情報をIRSなどに提供するかについては、

米財務省が、ガイドラインで示すように要請しているそうです。

IRSは、米国最大の取引所Coinbaseに対して、数百万人存在する顧客の取引履歴を

提出するように要求しており、去年から裁判になっています。

このことを踏まえた上で、盛り込まれたとみられます。

日本の仮想通貨に対しての税について

アメリカ 仮想通貨 非課税

日本では、国税庁が先週、ホームページ内のタックスアンサーで

ビットコインの使用で生じた利益は所得税の課税対象になり雑所得に区分されると公表されている。

【必見】Bitcoin(ビットコイン)など仮想通貨への課税方針が雑所得として決定される!

しかし、税務署や税理士によっても意見は異なるようです。

なお、総合課税とすると、累進課税方式のため最大45%の税率となり、

申告分類課税が適応されるFXや株の一律20%よりも高い税率となる可能性が高いです。

その一方で、利益が20万以内であれば、確定申告は不要になります。

今後日本の仮想通貨の税について

FX税制も、1998年に雑所得の累進課税として始まって

その後、2012年以降は、申告分類課税が導入されたので、

仮想通貨も税制は今後いろいろと変更されることがあると予想できます。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ない

Twitter集客←ほとんどの人が集めれていない

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない

グループ勧誘系←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3150名以上の登録者が居ます!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

*