FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】分散型取引所のAirSwap(エアースワップ)・KyberNetwork(カイバーネットワーク)・0x(ゼロエックス)それぞれの違いについてまとめてみた

AirSwap(エアースワップ) KyberNetwork(カイバーネットワーク) 0x(ゼロエックス) 仮想通貨

今回は、分散型取引所のAirSwap(エアースワップ)・KyberNetwork(カイバーネットワーク)・0x(ゼロエックス)それぞれの違いについてまとめてみました。

分散型取引所とは

分散型取引所に関しては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】今後普及が加速するであろう分散型取引所についてペンギンでもわかるように説明してみた
今回は、今後普及が加速するであろう分散型取引所についてペンギンでもわかるように説明してみました。

AirSwap(エアースワップ)

AirSwap(エアースワップ)ではMakerの注文情報等(トークンペア、価格など)がIndexerに格納され、TakerはIndexerの情報に基いて注文を行う。

Indexerはオフチェーンで処理され、トークンの交換が成立した際にのみスマートコントラクトが実行され、オンチェーンで処理される。

また従来のオーダーブック機能は提供しない。

トークンの交換はP2Pで処理され、それ以外をオフチェーン上で提供することにより、オンチェーンにおけるスケールや遅延の問題を回避しようとしている点が特徴的だ。

分散型交換所と表記したほうが実態に近いかもしれない。

AirSwap(エアースワップ)プロトコルに基いて注文を行う場合にはAirSwapのトークンであるASTが一定量ロックされていなければならない。

現時点は100ASTの7日間のロックが検討されている。

ロック期間終了後、同数のASTが返還される。

つまりAirSwapにおけるASTトークンは会員カードのようなものと言っても良さそうだ。

AirSwap(エアースワップ)に関しては下記の記事を参照してください。

【ICO】新しいトークン経済のエンジンの仮想通貨「AirSwap(エアースワップ)」についてまとめてみた
今回は、新しいトークン経済のエンジンの仮想通貨「AirSwap(エアースワップ)」についてまとめてみました。

KyberNetwork(カイバーネットワーク)

KyberNetwork(カイバーネットワーク)ではオンチェーンでオーダー処理と取引の両方が行われる。

ホワイトペーパーではKyberNetwork(カイバーネットワーク)における主要な役割5つのうちの1つとしてReserve entity(ies)が挙げられている。

これはKyberNetwork自身、もしくはサードパーティーによって提供されるMakerの機能を果たす存在である。

サードパーティーに対するKyberNetworkへの参加のインセンティブとして、売買スプレッドによる利益が提案されている。

TakerはAPIによって交換レートを取得し、レートに問題がなければトークンをスマートコントラクトに送ることによって交換が実行される。

KyberNetwork(カイバーネットワーク)においてはReserveの存在が重要であり、Reserveは売買スプレッドによって利益を上げることができることは既に書いた。

ReserveがKyberNetwork(カイバーネットワーク)に参加するためにはKNCトークンをコントラクト上に保有しておく必要がある。

またKNCトークンは売買毎に一部がKyberNetwork(カイバーネットワーク)に支払われる。支払われたトークンは、必要経費を控除した後にバーンされる。

KyberNetwork(カイバーネットワーク)に関しては下記の記事を参照してください。

【ICO】分散型取引所を実現する仮想通貨「KyberNetwork(カイバーネットワーク)」についてまとめてみた
今回は、分散型取引所を実現する仮想通貨「KyberNetwork(カイバーネットワーク)」についてまとめてみました。

0x(ゼロエックス)

0x(ゼロエックス)ではRelayerと呼ばれる構成要素がオーダーの保存と更新を行う。

Relayerはオーダーブックの管理のみを行い、トークンの売買を市場参加者の代わりに行うわけではない。

売買を実行するのはTakerである。オーダーの処理はオフチェーンで行われ、オーダーの処理を行うRelayerは複数存在する。

RelayerにはEthfinexやRadarRelayが挙げられている。

該当ペアの交換を提供するRelayerを確認できたら、コントラクトアドレスにトークンを送ることによって交換が実行される。

ペアが存在しなければ自分がMakerになることも可能だ。

RXトークンはMakerとTakerによって交換が成立する毎にRelayerに支払われる。

MakerはRelayerの手数料体系に基いて手数料を含んだオーダーを作成、Relayerはオーダーを確認し問題がなければオーダーブックとして公開する。

Takerは自身が望む売買ペアとレートが見つかれば、コントラクトを実行する。

その後トークンの交換とRelayerに対する手数料の支払いが行われる。

0x(ゼロエックス)に関しては下記の記事を参照してください。

【ICO】分散取引所プロジェクトの仮想通貨「0x(ゼロエックス)」についてまとめてみた
今回は、分散取引所プロジェクトの仮想通貨の0x(ゼロエックス)についてまとめてみました。

まとめ

今後分散型取引所はメジャーとなってくると思うので、しっかりと理解しておくべきです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE