1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中

【アフィリエイト】ユーザー心理を逆算して記事を書くための4つのノウハウについてまとめてみた

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウアフィリエイト

今回は、ユーザー心理を逆算して記事を書くための4つのノウハウについてまとめてみました。

アフィリエイトは常にユーザー目線

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウ

アフィリエイトは常にユーザー目線だと思います。

どんなことに関心があり興味があり悩みがあるのかを逆算して

その解決策を提示するのがアフィリエイトだと思っています。

だからこそ常に自分ではなく他の誰かの目線に立つことが大切だと思います。

今回は、そんなユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウについて

ご紹介したいと思います。

ユーザー心理を逆算して記事を書くための4つのノウハウ

ユーザー心理を逆算して記事を書くための4つのノウハウです。

ユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウ1:検索クエリから考える

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウ

記事を書く際に検索クエリから考えるというのは大切なノウハウになります。

検索クエリとは、ユーザーの意図に基づく検索語句やフレーズを指します。

検索キーワードと検索クエリの違い

検索キーワードと検索クエリの違いをよくわかっていない人がいるので説明すると、

検索クエリ:ユーザーが検索する際に入力する語句やフレーズ

キーワード:広告主が広告や設定する語句やフレーズ

簡単に説明すると

クエリ:ユーザー側

キーワード:広告主側

の呼び方ということになります。

検索クエリは大きく分けて3つある

検索索クエリにはユーザーの意図によって大きく3つに分かれます。

情報型クエリ:知りたい、疑問を解決したいというユーザーの意図に基づくクエリ

取引型クエリ:何かアクションを起こしたい、何か欲しいというユーザーの意図に基づくクエリ

案内型クエリ:特定のサイトにアクセスしたいという意図に基づくクエリ

検索クエリの確認方法

検索クエリの確認方法ですが、Googleサーチコンソールで確認することができます。

Googleサーチコンソールはこちら

ユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウ2:ASPの広告から考える

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウ

ASPの広告から考えるというのも大切です。

アフィリエイトはなにかの商材やサービスをセールスして利益を出すわけなので、

広告から逆算するというのも大切です。

ASPの広告からユーザーの悩みを逆算

ASPの広告からユーザーの悩みを逆算しましょう。

この商品は誰にとって価値なのかをペルソナ分析することが大切です。

ペルソナとは顧客像です。

つまり架空のユーザーを思い浮かべてその人がその商品の悩みや問題を

解決するための動線を考えます。

つまり

ペルソナ分析:問題や悩みの抱える人物像を考える

記事:その問題を商品で解決できる説得力のある記事を書いていく

ということができれば少なくとも成約は決まると思います。

ユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウ3:まとめ記事から考える

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウ

最近ではニュースやまとめ記事などから最新情報などを得ることができます。

このニュースやまとめ記事からユーザーの欲求・需要から考えるというのも

非常に大切だと思います。

よく使うまとめ記事サイトやニュースサイト

よく使うまとめ記事サイトやニュースサイトを紹介します。

Googleトレンド:世界中のトレンドや検索数を見ることができる

Googleトレンドはこちら

Yahooニュース:日本の現在の速報情報を知ることができる

Yahooニュースはこちら

まとめサイト速報+:まとめサイトのまとめ

まとめサイト速報+はこちら

ユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウ4:自分の体験や経験から考える

アフィリエイト ユーザー心理 記事 書く ノウハウ

自分の体験や経験から考えるというのが一番説得力があり

ユーザーに伝わる記事が書けると思います。

著者情報が重要になる

自分の体験や経験から考えるのが何故良いのかというと、

今後SEOなどで著者情報が重要になるからです。

つまりその記事は誰が書いたのかと言うのがSEOでも大切になっていきます。

その上で自分の体験や経験に基づいた記事というのは

説得力も高くSEOでも評価されるということです。

恋愛系のブログであれば元キャバ嬢とか元ホストとか

アフィリエイトのノウハウであれば月100万稼ぐアフィリエイターとか

そうした自分の経験や体験を記事にするのはとても評価が良いです。

自分の体験や経験は他に真似されにくい

自分の体験や経験は他に真似されにくいというのも非常に良いポイントです。

ASPなどの報酬が高いジャンルは競合が多く記事の内容などを真似されやすいです。

ですが、自分の体験や経験というのは真似されにくいので差別化を図れます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はユーザー心理を逆算して記事を書くためのノウハウについてご紹介しました。

記事を書くためには常に相手目線に立つことが大切です。

あなたが書きたいことではなく、常に相手がどんなことに関心や悩みを持つのかに

フォーカスを当てるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました