〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【初心者必見】今後アフィリエイト業界もコンテンツデフレが起きる!?今取るべき対応は!?情報についてまとめてみた

アフィリエイト コンテンツ デフレ アフィリエイト

今回は、アフィリエイト業界もコンテンツデフレが起きる!?今取るべき対応は!?情報についてまとめてみました。

アフィリエイト業界もコンテンツデフレが起きる!?

コンテンツデフレ アフィリエイト

今後アフィリエイターが増えていきコンテンツデフレが起きると私は思っています。

アフィリエイトなどの記事などのコンテンツを制作する人がどんどん増えていけば、

需要よりも供給が増えていくので、実質コンテンツ自体の価値が下がります。

最近はNoteなどで有料記事などを販売している人がいますが、

コンテンツが増えれば増えるほどコンテンツデフレが進みます。

利用者にとっては良いことだと思うのですが、

コンテンツを提供している人はビジネスとして成り立たなくなる可能性が大きいです。

これは短期的にではなく、長期的に見ると結構危ない感じがしますね。

ようするに、コンテンツに対して薄利多売をおこなっていくことで、

長期的に見ると稼げなくなる人は多くなるでしょう。

どんなコンテンツを提供する分野でもこうした競争社会化になってしまいます。

映画や音楽や漫画などのコンテンツを提供する分野でもこうしたコンテンツのデフレの波にのまれています。

仕方ないことなのは確かなのですが、コンテンツを制作している人にとっては非常に大きな問題だといえます。

ですので、今回は、アフィリエイトを行っている人やブロガーが

今からコンテンツデフレに対してどんな対応を取るべきかをお伝えしたいと思います。

コンテンツデフレが起きる前に今取るべき対応は!?

コンテンツデフレ アフィリエイト

コンテンツデフレが起きる前に今取るべき対応についてご紹介したいと思います。

ユーザーへの信頼を確保しておく

やはり、コンテンツデフレが進めば進むほど、そのコンテンツに価値がなくなります。

その中で自分のブログなどを見てくれる人たちの信頼をしっかりと確保しておく必要があります。

サービス化を考える

コンテンツで儲けられなくなった市場というのはアフィリエイト以外にも存在しており、

例えば、映画や音楽や漫画といったコンテンツはデフレ化が進み、コンテンツで儲けられなくなり取った戦略として定額サービスを設けました。

NetflixやApple musicなどの定額サービスです。

今後のアフィリエイトのデフレを考えるのであれば、こうした定額などのサービスが普及する可能性が高いです。

例えば、有料メルマガやサロンなどのサービスにシフトする方向が良いと思います。

まとまったキャッシュを用意しておく

今後コンテンツデフレを考えるのであれば、

アフィリエイトで稼ぎにくくなる可能性もあるので、まとまったキャッシュは残しておくべきですね。

まとまったキャッシュさえあれば、アフィリエイトではなく別の事業に切り替えることもできますし、

そのお金で時間を買って戦略を立てることもできるので、

とにかくまとまったキャッシュを用意した方がいいです。

まとめ

アフィリエイトでもこうしたコンテンツデフレが起きてもおかしくないです。

もちろん、Youtuberなども増えてきたので、

Youtube側がチャンネル登録者や視聴回数などで広告を表示される人たちを制限させています。

つまり、コンテンツの供給量が今の時代は多いわけです。

もちろんユーザーにとって見れば非常にありがたいことですが、

そういたコンテンツで商売している人にとってはこの流れは受け止める必要があります。

なので、今からどんな対応を取るべきかなど対策や戦略を取っておく必要があると思います。

タイトルとURLをコピーしました