〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【アフィリエイト】ブログやサイトでの『とりあえず100記事書け論』を私なりに解説してみた

アフィリエイト 100 記事 アフィリエイト

今回は、ブログやサイトでの『とりあえず100記事書け論』を私なりに解説してみました。

アフィリエイターの100記事書け論

アフィリエイト 100 記事

SNSなどで最近言われるのが『100記事書け論』です。

『とりあえず100記事書いてから』

『初心者はまず100記事書くこと』

など言われてていますが、多くの人がこの本質を理解していないです。

本質を理解せずにただ闇雲に100記事書いても無駄な努力になるので、

今回は私なりに100記事書け論について解説してたいと思います。

100記事書けば結果が出るわけではない

アフィリエイト 100 記事

大前提として知ってほしいのが100記事書けば結果が出るわけではないです。

もちろん中には100記事書いて結果が出る方もいると思いますが、

この100記事書けというのは『度合い』です。

効率的に学んだり知識を吸収できる人は30記事で結果が出る人もいるでしょうし、

逆に200記事や300記事書いても一向に決kが出ない人もいます。

ただ闇雲にバットを振ればいいという問題ではない

アフィリエイト 100 記事

この100記事書けというのは、野球で言う素振りしろと同じです。

何も意識せずにバットを100回振るのと

意識しながらバットを100回振るのでは全く同じ回数でも質が異なってきます。

意識せずに素振りすればホームランやヒットが打てるわけではなく、

一回一回を意識して素振りをしなければホームランやヒットに繋がりません。

これは記事を書くことでも同じです。

とりあえず100記事書くというのは100記事過程でどんなことを意識して書いたのか?

そしてどんな結果が得られたのかが大切になります。

闇雲に記事を書いたとしても結果に繋がる可能性が低いです。

100記事書くことで良し悪しがわかってくる

アフィリエイト 100 記事

そもそもアフィリエイトで大切なのが、『リサーチと分析』です。

アフィリエイト初心者はまずベースとなるデータがありません。

稼いでいるアフィリエイターはリサーチと分析の元となるデータを大量に保有しています。

それは記事を書いていく過程で自分だけが得たデータです。

稼げるアフィリエイターはリサーチと分析ができるので、

稼げる記事と稼げない記事がわかるわけです。

初心者はまず自分が100記事書いてどんな記事がアクセスが集まり、

どんな記事がアクセスが集まらなかったのかをしっかりとデータを集めることが大切です。

そのためにしっかりと一つずつ丁寧に書いていく必要があります。

まとめ

100記事書け論には深い意味が込められています。

なぜ100記事なのか?しっかりと意図を捉えて努力しないと無駄な努力になってしまいます。

なるべく効率的に結果を出すには本質をしっかりと意識して記事を書いていきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました