FX-EA System Project
FX-EA System Project

【初心者必見】アフィリエイトの記事の文章に説得力を高めるにはPREP(プレップ)法を活用する

アフィリエイト 記事 文章 説得力 PREP(プレップ)法 アフィリエイト

今回は、アフィリエイトの記事の文章に説得力を高めるには

PREP(プレップ)法を活用するということについてまとめてみました。

アフィリエイトの記事の文章に説得力を高めるにはPREP(プレップ)法を活用する

アフィリエイト 記事 文章 説得力 PREP(プレップ)法

アフィリエイトを始めている人で、なかなか成約が決まる文章が書けないという人や

説得力がなく成約されないという悩みがある人がいます。

そうしたアフィリエイトの記事の文章に説得力を高める一つの方法として

PREP(プレップ)法を活用するテクニックがあります。

今回は、このPREP(プレップ)法についてまとめていきたいと思います。

PREP(プレップ)法を活用すると効果が現れる人

PREP(プレップ)法を活用すると効果が現れる人です。

・記事の構成を上手く組み立てられない

・順序立てて説明するのが苦手

・結局何が言いたいのかわからない記事が多い

・記事の構成に自信がない

PREP(プレップ)法とは

まずは、PREP(プレップ)法とは4つのイニシャルに表されており、

P:POINT(結論)

R:REASON(理由)

E:EXAMPLE(具体例・事例)

P:POINT(ポイント・結論)

という意味があります。

PREP(プレップ)法を自然とうまく使いこなしている人は

プレゼンがうまい人や経営コンサルタントなどですね。

PREP(プレップ)法のメリットは簡潔かつ説得力のある文章を書くことができます。

つまり、セールスレターなどASPの商品などを紹介するのに非常にこの方法は役に立ちます。

PREP(プレップ)法のそれぞれの項目について説明していきます。

P=Point(結論)

まず”結論”部分から挙げていきましょう。

ここをまず最初に結論を答えます。

ここではハッキリと言い切る文章が良いですね。

また、数値などを絡めることでユーザーの反応が変わってきます。

R=Reason(理由)

ここでは先程のPの理由や根拠を説明します。

現在の状況などを画像や数値で表すと良いでしょう。

E=Example(事例、具体例)

ここでは、一番説得力が必要になるポイントですね。

どういう方法でそれが実現できたのか、ストーリー性があると

さらに共感が得られます。

P=Point(結論を繰り返す)

そして最後に結論を持っていきます。

だから最初に言った結論は正しいんだとハッキリ言い切りましょう。

PREP(プレップ)法のメリット

PREP(プレップ)法のメリットについてご紹介します。

端的に理解できる

PREP(プレップ)法では結論を最初に言うことにより、端的に概要を理解してもらいやすいです。

ブログの記事がダラダラと長いものはユーザーにとっても嫌がられるので、

やはり最初の数行でいかにユーザーのハートを射止めるかが大切です。

話の理解が深まりやすい

PREP(プレップ)法では話の理解が深まりやすいです。

最初に結論を書いてその理由などを説明していくので、話の筋道があるので

読者も説得しながら文章を読んでくれるようになります。

PREP(プレップ)法の活用例

PREP(プレップ)法の活用例についてご紹介したいです。

今回はブログをアクセスを上げるための記事を書いたとしましょう。

PREP(プレップ)法例:ブログアクセスを上げる

Point:ブログのアクセス数を上げるためには、5つのポイントがあります

Reason:このブログも、この「5つのポイント」を意識して運営していったところ、

好調にアクセス数が増加しています。

Example:1年前までは、1日に10アクセスにも至らなかったのに、

「5つのポイント」に注意して運営したところ、

今では1日に1万アクセスを集めるまでになっています。

また、他のブログのコンサルティングをしたところ、

8割方のブログで、アクセス数が順調に推移している報告を受けています。

Point:以上の事を踏まえ、今回「ブログのアクセス数を上げるための、5つのポイント」

をマニュアル化して公開いたします。

まとめ

PREP(プレップ)法はアフィリエイトの成約したい商品などに使える手法なので、

今回の記事を活用してぜひPREP(プレップ)法をマスターしましょう!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE