FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】パブリックブロックチェーンのプラットフォームの仮想通貨「Achain(エーチェイン)」についてまとめてみた

Achain(エーチェイン) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、パブリックブロックチェーンのプラットフォームの仮想通貨「Achain(エーチェイン)」についてまとめてみました。

Achain(エーチェイン)とは

Achain(エーチェイン)とは、パブリックブロックチェーンのプラットフォームの仮想通貨になります。

Achain(エーチェイン)はありとあらゆるレベルの開発者がトークンやスマートコントラクトを発行したりアプリケーションシステムや

ブロックチェーンを作ることができるプラットフォームです。

Achain(エーチェイン)は情報の取引や価値の転送を行うための世界規模でのブロックチェーンネットワークを目指しております。

プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンの違い

プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンの違いについて説明したいと思います。

プライベートブロックチェーンでは参加するのに認証が必要になります。

パブリックブロックチェーンは誰もがネットワークに参加することができます。

つまり、さまざまな開発者がこのAchain(エーチェイン)を活用してトークンやスマートコントラクトを発行し、

またアプリケーションシステムや新たなブロックチェーンを作成することができます。

Achain(エーチェイン)のパブリックブロックチェーンの3つのフェーズ

Achain(エーチェイン)のパブリックブロックチェーンの3つのフェーズから行われます。

シンギュラリティー

第1段階はシンギュラリティーです。このフェーズは、スマートコントラクトネットワークの構築です。

スマートコントラクトとは、あらゆる契約における認証や履行の際の複雑さを解消し、自動化する技術です。

ギャラクシー

第2段階はギャラクシーです。

ギャラクシーはネットワークの分岐の構築を行います。

仮想通貨のさまざまなアプリケーションのニーズに対応するため、Achain(エーチェイン)は複数のサブチェーンに分割されています。

このAchain(エーチェイン)のサブチェーンは、

・カスタマイズされたブロックチェーンネットワーク

・低コスト

・相互接続性

という3つの特徴を持っています。

コスモス

そして第3段階はコスモス。相互接続されたネットワークの構築といった意味を持ちます。

このコスモスのフェーズでは、世界規模でのブロックチェーンネットワークの構築を目指す段階になります。

Achain(エーチェイン)の特徴

・セキュリティに優れ安定していて拡張性がある

・ユーザビリティが優れている

・コストが低くて

・カスタマイズ性があり

・データの相互交換ができる

Achain(エーチェイン)の概要

通貨名:Achain(エーチェイン)

ティッカー:ACT

発行上限:10億

Achain(エーチェイン)の公式サイト

Achain(エーチェイン)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.act.foundation/

Achain(エーチェイン)のホワイトペーパー

Achain(エーチェイン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://daoact.org/whitepaper/

まとめ

Achain(エーチェイン)はブロックチェーン好きな人であれば、良さに気がつく銘柄だと思います。

結構玄人向けの銘柄ではありますが、面白い銘柄ではありますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE