〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【マーケティング】2019年は匿名人格キャラクターがSNSで主流になる!?稼ぎ方を徹底解説してみた

匿名人格 マーケティング ソーシャルメディア

今回は、2019年は匿名人格キャラクターがSNSで主流になる!?稼ぎ方を徹底解説してみました。

2019年は匿名人格マーケティングが流行ってくる!?

匿名人格 マーケティング

2019年は匿名人格マーケティングが流行ってくると思っています。

今回はこの匿名人格マーケティングについてご紹介したいと思います。

匿名人格マーケティングは既にSNSで流行っている!!

匿名人格 マーケティング

匿名人格マーケティングはSNSで流行っています。

匿名人格マーケティングとは、

『動物やアバターを活用してバーチャルな人物を生み出す』ということです。

もっとわかりやすく言うとボーカロイドで有名な『初音ミク』だったり、

Vチューバーで有名な『キズナアイ』とかですね。

ちなみに何気なくみなさんも匿名人格使ったりしているんですよね。

例えば、Twitterのアイコンが何かのキャラクターで

ニックネームがついていたとしてもその先にいるのは人間ですよね。

顔や実名を出さなくてもその先には人がいるわけです。

意外と多くの人が匿名人格を使ったりしています。

今までの情報商材などが流行った次期は、

オプトインアフィリエイトなどのマーケティングで、

メルマガに誘導してセールスを行っていましたが、

今は匿名人格つまり『アバター』などをSNSで作りフォロワーを集めて、

そのフォロワーを活用してアフィリエイトやコンサルを行います。

おそらくこれが今後ネットビジネスのマーケティングの主流になってくるのではないかと思います。

匿名人格マーケティングの特徴

匿名人格 マーケティング

匿名人格マーケティングの特徴についてご紹介したいと思います。

匿名人格は複数人で運用できる

匿名人格は複数人で運用できます。

匿名人格というのはあくまで『着ぐるみ』です。

つまり中に入る人物は誰でも良いわけです。

ディズニーのミッキー着ぐるみの中は男性だろうが女性だろうがミッキーはミッキーなのです。

SNS上で一つの匿名人格が生み出されれば複数人でそのアカウントを使えるので

複利効果が高いですよね。

匿名人格はキャラクターなので中の個人にダメージが少ない

匿名人格はキャラクターなので『中の個人にダメージが少ない』のも特徴なんですよね。

今までのように顔出しして知名度を上げなくてもキャラクターのアイコンでも

情報発信の内容やアマゾンギフトカードなどのプレゼント企画を使い、

バズマーケティングを駆使してフォロワーを集めています。

実名や顔を出してしまうとやはりアンチが増えるので個人に対するダメージが強いです。

情報商材関連の人たちが匿名人格にシフトしている

情報商材関連の人たちが匿名人格にシフトしていますね。

これはSNSを見ればわかるのですが、

今まで実名や顔を出してしまっている人たちが匿名人格にシフトしています。

今度はよりフロントよりにSNSでリストマーケティングをしている感じですね。

匿名人格マーケティングを使った稼ぎ方

匿名人格 マーケティング

匿名人格マーケティングを使った稼ぎ方についてご紹介したいと思います。

これは通常のリストマーケティングとなんだかわりません。

今まではメルマガでしたがそもそも多くの人はメールを使っていないので

SNSのフォロワーを集めることにシフトしています。

最初の段階で仲間の匿名人格などが紹介を行い、

そこから新規フォロワーが増えていきます。

その後に情報発信やプレゼント企画を実施してさらにフォロワーを増やします。

フォロワーが集まった段階でマネタイズを行います。

基本的に情報商材や高額コンサルや塾になります。

中にはサイトを立ち上げてその中でアフィリエイトしている方もいますね。

ただ情報商材や高額コンサルや塾は金額が30〜100万円するので、

毎月10人の参加者がいるだけでも『月収300万〜1000万円』稼げてしまいます。

匿名人格マーケティングの始め方

匿名人格マーケティングの始め方は簡単です。

・スマホもしくはPC

・アバター作成のアプリやサイト

・コンテンツを作るための知識

これさえあれば準備完了です。

スマホもしくはPC

匿名人格 マーケティング

スマホもしくはPCは必須ですね。

SNSのアカウントを作成するためです。

アバター作成のアプリやサイト

匿名人格 マーケティング

匿名人格なのでアバターやキャラクターを作る必要があります。

私がおすすめなのはcharat.meというサイトですね。

アバターやアイコンを自由に作成することができます。

もちろん自分で作れる人は自分で作っても良いですし、

誰かに作ってもらうのも良いですね。

ただできない人はこうした無料のサービスを使いましょう。

charat.meはこちら

コンテンツを作るための知識

匿名人格 マーケティング

割とここが問題だったりしますね。

コンテンツを作るための知識が必要になります。

基本的に匿名人格を使ったマーケティングは『権威性が重要』だと思います。

要するにその匿名人格が凄いのかどうかを判断する材料です。

例えばどこの会社に勤めていたかとか、資格とか、実績などです。

要するにSNS上の履歴書だと思ってもらえたら大丈夫です。

ですが、権威性は誰しもが最初から身についているわけです。

中には稼げていないのにブランドの時計や高級車の画像を使って

権威性を図ろうとしますが、ボロがすぐに出ます。

なのでそもそも実績がない人は、質の高い情報発信が大切になります。

・誰か人にあって学んだ知識

・本から得た知識

・実践してみた結果のデータ

などをで発信するのが良いと思います。

まとめ

匿名人格マーケティングはネットビジネスでかなり普及してくる可能性が高いと思います。

実際にアフィリエイトやブログなどの

ネットビジネスのノウハウを紹介しているアカウントが増えていますね。

もちろんこれを見て仕掛けられるサイドでは意味がないんですよね。

私が今回ある程度の全貌をお伝えしたので仕掛けるサイドに付く必要があります。

なんでも自分が仕掛けるサイドに回ることがマーケティングでは大切です

タイトルとURLをコピーしました