FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】2018年は量子コンピューター対策されている仮想通貨が高騰する可能性が高い件について

仮想通貨 量子コンピューター 仮想通貨

今回は、2018年は量子コンピューター対策されている仮想通貨が高騰する可能性が高い件についてまとめました。

量子コンピューターとは

仮想通貨 量子コンピューター

現在のコンピューターは、1bitを基本単位として「0」「1」の2つの信号を切り替えることで計算します。

一方、量子コンピュータは、同じ1bitでも、「00」「01」「10」「11」の4つを切り替えることなく「同時に」計算することになります。

ですから、わずか10bitで、1024通りの計算が「同時並行」して行われることになるのです。

計算能力が現行システムのものに比べると、格段に速いです。

つまり、量子コンピュータとは、量子力学で動作原理が支配されるコンピュータだと考えてください。

量子コンピューターができること

量子コンピュータは、従来のコンピュータと出来る事の違いはほとんどありません。

ただ、複雑な数式を驚異的に速い計算できるスピードがあるからこそ、

機械学習やディープラーニング、人工知能などの分野で活躍することはまず間違いないと言われています。

量子コンピュータの歴史

-1959年 量子コンピュータが生まれるきっかけ-

量子コンピュータの始まりは、1959年です。カルフォルニア工学大学の行われた公演で

『原子レベルで生かしきれていないスペースがあるので

「量子化されたエネルギー準位」や「スピン」などの量子力学的な振る舞いを計算に利用する』

と提案したことが、量子コンピュータの誕生のきっかけです。

当時は、論理的な話し合い中心で、具体的な方法には触れられませんでした。

-1980年代 量子コンピュータの概念-

どんな量子力学的モデルでもコンピュータに利用することはできないと考えられていましたが、

Paul Benioffが論文で「エネルギーを消費せずに計算が行える」ことを発表し、

初めて量子コンピュータの概念が生まれました。

しかし、あくまで学術的な興味の範疇に留まってしまったため、広い関心を得ることができませんでした。

-1990年代 Shorの因数分解アルゴリズム考案-

1994年にPeter Shorが、実用的なアルゴリズムである「Shorの因数分解アルゴリズム」を考案し、

量子コンピュータの研究に火が付きました。

このアルゴリズムにより、素因数分解を実用的な極めて短い時間で実行できるようになり、

暗号技術が崩壊すると示されました。

また、1995年に「量子誤り訂正のアルゴリズム」、1996年に「グローバーのアルゴリズム」、1997年に「量子ウォーク」、

1998年に「QCL言語」が登場し、量子コンピュータの研究が急加速しました。

-2000年代 15の素因数分解 (=3*5) 実装-

2000年代にはハードウェア開発の大きな進展もあり、「イオン・トラップ型量子コンピュータ」の研究が進展しました。

そして、Shorの因数分解アルゴリズムは2001年に核磁気共鳴、2007年に量子光学、2009年光集積回路により15の素因数分解(=3*5)が実装されました。

-2010年代 世界初商用量子コンピュータ誕生-

2011年にカナダの企業D-Wave Systemsにより世界初の商用量子コンピュータ「D-Wave One」が誕生しました。

(D-Wave Oneについては、次の項目でご紹介します。)そして2012年には

「個別の量子系に対する計測および制御を可能にする画期的な実験的手法に関する業績」

がノーベル物理学賞に選ばれたうえ、暗号解読のやめの実用研究が行われるようになったと言われています。

また、2014年にGoogleがJohn Martinisと連携し量子コンピュータの独自開発を行うと発表、

2016年にはIBMが5量子ビットの量子コンピュータをインターネットで公開しました。

このように、まだまだ各研究所や大学、企業が量子コンピュータの開発競争を行っています。

量子コンピュータが誕生すると仮想通貨はハッキングされる

仮想通貨 量子コンピューター

これだけ、高度な処理ができる量子コンピューターが今後誕生すると、今以上にセキュリティに対して考えないといけなくなります。

つまり、今後、量子コンピューター対策を各々の仮想通貨は考えなくてはいけません。

量子コンピューター対策してある仮想通貨は?

仮想通貨 量子コンピューター

量子コンピューター対策してある仮想通貨は、ADACoin(エイダコイン)です。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場!!
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場についてまとめていきます。

ADACoin(エイダコイン)にはウロボロスがあります。

このウロボロスは、量子コンピュータに対応できます。

ウロボロスは、量子コンピューターにハッキング攻撃されてもADACoin(エイダコイン)は安全です。

今後、量子コンピュータは研究が進んでいるので、2年後には実際に使われ出します。

他の仮想通貨は量子コンピューターの対応はされていないので、ADACoin(エイダコイン)は今後高騰する可能性が高いです。

まとめ

急速で開発や研究が進む量子コンピューターに対して、仮想通貨は対策をとるべきです。

その中で、ADACoin(エイダコイン)はすでに着々と量子コンピューター対策をとっているので、未来を先取っていますね。

今後ADACoin(エイダコイン)の価値や需要は大きくなってきます。

ADACoin(エイダコイン)は間違いなく買うべき通貨の一つですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE