〜公式ラインに登録するだけで無料で裁量システムプレゼント中〜

成功確率「1%」でも挑戦するべきか?

マインド

人は、成功確率が低ければ低いほど、挑戦することを躊躇います。

50%の確率で成功すると分かっていても、

それはつまり、50%の確率で失敗すると捉え

挑戦しない道を選ぶのです。

これは、人間が命の危険から逃れる歴史の中で

DNAに刻み込まれた不変の性質ですから、

脱却することは極めて難しいものです。

しかし、何もしなければ、何も変わらないということも、

頭では理解しているはずです。

ここで、確率論において良く例えに出される

野球のバッターの打率で考えてみましょう。

3割打つことができるバッターにとって、

次の打席でヒットを打つ確率は、3割です。

それはつまり、

7割は打てないということと同義です。

7割と言うとかなり高い確率ですが、

それでもバッターは諦めることなく、

ヒットを打つことに専心します。

そうして、1日に5打席のチャンスがあれば、

この5打席、すべてヒットを打てない確率は、

7割×7割×7割×7割×7割で、約17%になります。

つまり、5打席で少なくとも1回、

ヒットを打てる確率は、約83%になるのです。

こうして、確率を長期で換算し直すと、

対象の成功確率は自ずと高く算出されます。

これをビジネスに置き換えて

計算してみましょう。

たとえば、今から取り組むビジネスが

成功確率50%だったとします。

つまり、失敗も50%ですから、

1度や2度は失敗するかもしれません。

しかし、5回チャレンジすれば、

なんと、約97%の確率で成功する

算出されるのです。

それでは、この延長線上に、本日のタイトル、

成功確率「1%」でも挑戦するべきか?

を計算しましょう。

上記と同じロジックで考えると、

たとえ、「1%」しかない成功確率でも、

230回挑戦することで、約90%の確率

成功を引き寄せることになるのです。

また、400回チャレンジすれば、

その確率は約98%まで引き上がります。

以上の考察から、

成功確率が僅かでもあるのであれば、

諦めずに挑戦し続けることによって、

必ず成功する未来があると実証できます。

ただ、注意しなければいけないのは、

大きな失敗」は命取りになるということです。

一つの失敗で全財産を失うような挑戦は、

無謀としか言いようがありません。

また、莫大な借金をしたり、

大量の社員を雇用することによって

大きな成功を目指すと、

失敗した時の損失も極めて大きく、

自分だけではなく周囲のたくさんの方に

ご迷惑を掛けてしまいます。

自分が大富豪になることを目指して、

周囲の方にご迷惑を掛けてしまう人生を選ぶか、

被害を最小限にして、自分も、周囲も、

幸せに導く道を選ぶか、しっかり考えるべきですね。

インターネットの登場は、

成功確率を上げてくれただけではなく、

挑戦できる回数を飛躍的に多くしてくれたことに

一番の冥利があると感じています。

現実においては、

成功確率を正確に見極めるのは難しいですし、

その確率を上げていくことも大変です。

しかし、そうであれば尚更、

挑戦し続けることでしか人生は変わらない。

そう確信しています。

あなたの目の前に、

成功の光が少しでも感じられる道があるのならば、

迷わずに、怖がらずに、歩み出してくださいね。

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント

公式ラインに登録するだけで無料で豪華特典プレゼント中です。

・逆張りトレードシステム

・順張りトレードシステム

・トレードチャートパターン集

・Instagramの投稿テンプレート

・バイナリーオプションシステム詰め合わせセット

マインド
masayaをフォローする
info free style
タイトルとURLをコピーしました