FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落!?理由は?情報についてまとめてみた

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落 仮想通貨

今回は、1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落!?理由は?情報についてまとめてみました。

1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落!?

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落です。

こんな相場は久しぶりですね。

bitcoin(ビットコイン)に関しては、

最近では、新参者がどんどん仮想通貨に参入していますが、ある意味仮想通貨の洗礼を受けたという感じですね。

高騰もしますし、暴落もするこれが、仮想通貨市場ですね。

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落の理由は中国の仮想通貨禁止による報道によるもの?

1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落の理由は、PBoCの副総裁Pan氏が政府に対して

「個人間の取引やOTC提供プラットフォーム、更にはウォレットまで禁止する」

という完全なるビットコインの禁止を促したと報道が今回の暴落の要因として考えられます。

今回の禁止は、Bitcoin(ビットコイン)だけではなく全ての仮想通貨が対象の模様です。

以下は本文を翻訳した内容です。

[北京 16日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝・副総裁は、

仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解を示した。ロイターが入手した政府の会議の内部メモで明らかになった。

メモには先週行われたインターネット規制当局と他の政策当局者らの会議での協議内容が記されている。

それによると潘副総裁は、仮想通貨取引に対し政府は引き続き圧力をかけ、リスクの拡大を防ぐ方針だと述べた。

国家および地方当局はビットコインを中心とする仮想通貨の取引所取引を禁止すべきと発言。

個人や企業が取引所取引のマーケットメーキングや保証、決済サービスなどを提供することも禁止する必要があるとの認識を示した。

中国当局は昨年、イニシャル・コイン・オファリング(新規仮想通貨公開=ICO)を禁止し、

国内の仮想通貨取引所を閉鎖。ビットコインのマイニング(採掘)を抑制したが、

こうした取り締まりにもかかわらず、仮想通貨取引は代替ルートを通じて続いている。

潘副総裁によると、先週の会議では実体経済のニーズから外れ、規制を回避する「革新」の抑制を求める方針が明確になった。

潘副総裁はまた、中国のユーザー向けに仮想通貨取引サービスを提供する国内外のウェブサイトや携帯端末向けアプリを遮断して、

仮想通貨決済サービスを手掛けるプラットフォームに制裁を科すべきとの考えも示した。

さらに海外に資金を移動させるサービスについて調査が必要とも指摘した。

https://jp.reuters.com/article/2018-views-richard-katz-idJPKBN1F40LO?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5a5dbcba04d30162abcaf1eb&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

別の記事でも同じ内容が取り上げられています。

金融機関は、中国内やそれを越えて一元的な取引を可能にする

暗号化取引プラットフォームへの国内アクセスを阻止することを計画していると伝えられているため、中国の暗号化通貨の引き締めは続いている。

中国が地方の暗号暗号化エコシステムを取り締まるようになってからわずか1年が経過した今、その調査はさらに拡大するようになっている。

ブルームバーグによると、中国の当局は、中央集中型取引を可能にする国内外のプラットフォームへの国内アクセスを阻止するための対策を検討していると報じている。

特に、ビットコインや他の暗号化された通貨での小規模なピアツーピア取引では、精査は行われないという。

ロイター通信は、中国の人民銀行(PBoC)副総裁パン・ゴンシェン氏に、政府の会議からの内部メモから情報を入手し、

中央集権的取引を完全に禁止するよう政府に要請したことを挙げている。

先週、インターネット規制当局やその他の国会議員の間で開催されたこの会議のメモによると、

パン氏は、地方自治体の当局が集中暗号化取引の会場とより幅広いビットコインサービス業界をターゲットにしていることを示唆している。

決済および清算サービス、保証、さらには集中型オンライン・ウォレット・プロバイダーを提供する個人および機関も禁止を見ることになっている、とパン氏は付け加えた。

パン氏は、ブルームバーグの報告書と一致して、アクセスをブロックするために中国のインターネット規制担当者に電話をかけ、

中国のユーザーを国内外の暗号化交換から中央の取引サービスを可能にするモバイルアプリと共に検閲した。

Cryptocurrency支払いサービスを提供するプラットフォームは認可されるべきだとPan氏は付け加えた。

中央銀行はまた、中国の首都飛行について懸念し、市民が資金をオフショアに移動させるための送金や送金サービスを調査するよう、当局に求めた。

さらにパン氏は、中国の最近の報告では、国内のクリプトクルーシオン鉱夫についての報告を受けて倍増した。

メモによれば、彼は、組立された規制当局と政策立案者に、

「実体経済と関係のない擬似金融革新はサポートされてはならない」

報告された年の変わり目に、中国の中央銀行は、完全に「秩序の出口に向かって、」国内のビットコイン採掘大手を縮小しようとしています。

中国のビットコイン鉱夫はすでに、スイスやカナダなどの国で実行可能な代替地域を見つけ出している、あるいはその過程にある。

https://www.ccn.com/china-looks-ban-centralized-cryptocurrency-trading-reports/

すでに1月15日の時点で仮想通貨の時価総額から一気に1000億ドルも減ってる!?

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

すでに1月15日の時点で仮想通貨の時価総額から一気に1000億ドルも減っていました。

1000億ドルは日本円換算(110円)で11兆円が仮想通貨市場から抜けている計算です。

BitFlyer(ビットフライヤー)FXで1,500BTC前後のロスカット発生で現物より20万円安くなり、逆乖離発生しサーキットブレイカー発動

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

BitFlyer(ビットフライヤー)FXで1,500BTC前後のロスカット発生で現物より20万円安くなり、逆乖離発生しサーキットブレイカー発動している模様です。

久々のサーキットブレイカー発動ですね。

【仮想通貨】bitFlyer FXで初のサーキットブレイカー発動!?10分で約30万円の暴落!?暴落の理由は?約3000~4000BTC(33~45億円)のロスカット祭りに!!情報についてまとめてみた
今回は、bitFlyer FXで初のサーキットブレイカー発動!?10分で約30万円の暴落!?暴落の理由は?約3000~4000BTC(33~45億円)のロスカット祭りに!!情報についてまとめてみました。

毎年1月の同じ時期に暴落がある傾向を発見!!

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

面白いデータがあるので、みなさんに説明すると、毎年過去4年のデータを見てこの時期に暴落する傾向がありますね。

2017:中国政府(中央銀行・人民銀)がBTCCへ立ち入り調査

http://bitcoin-newstart.com/news-china-bitcoin

2016:急落! ビットコイン「マイク・ハーン氏」影響? コイナー買い増しに喜ぶ最新事情

http://virtualmoney.jp/I0000138

つまり、この時期は、相場が下げやすい傾向がある時期を把握している大口投資家や中国の裏情報を持っている人たちが、

この時期に合わせてBitcoin(ビットコイン)の価格を動かすためにネガティブ発言をニュースとして出している可能性はありますね。

一つの推測です。

1月16日にBitcoin(ビットコイン)を含めた仮想通貨市場が全体的に大暴落に対してSNSの反響は?

仮想通貨が暴落中時の狼狽は気をつけるべき!!

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

仮想通貨が暴落中時の狼狽は気をつけるべきです。

今回のような仮想通貨の暴落は暴落はよく起こりえます。

古参者はこの暴落も耐えて生き延びている人たちです。

1月16日 Bitcoin(ビットコイン) 仮想通貨市場 大暴落

さすがにこの時はやばいなとは思っていましたが、握り続けていた者が勝者になりました。

リスクも大きいですが、その代わりリターンも大きいのが、仮想通貨です。

私は、短期ではなく、長期で保有しているので、最終的に+になればそれで問題ありません。

なので、雰囲気で買ったり雰囲気で売ったりはあまり良いとは思えません。

まとめ

狼狽売りする人たちも出てくると思いますが、私はガチホ推奨派なので、ずっと握っています。

全然含み益なので、問題ありません。

よくあるピンチはチャンスという言葉があるように、この暴落をどう捉えるかが投資家として一つの分かれ道になると思います。

あなたは売りますか?それもと買い増ししますか?ガチホしますか?

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE